店舗ブログ

車のフロントガラスの油膜の取り方やコーティングの仕方

ピカピカに洗ってコーティングもかけた車でのドライブは気持ちいいですよね。でも晴れた日の運転では気づきにくいのがフロントガラスの油膜。雨の日にワイパーを動かしてもなかなか前が見えない!そんなときはガラスに付着した油膜が原因と考えられます。

雨の日の快適なドライブには、クリアな視界の確保が最優先。フロントガラスに付着した油膜は、クリアな視界を妨げる要因になってしまいます。また油膜を長期間放置してしまうと、視界を遮るだけでなく、特に夜間は光が乱反射して、歩行者や標識が見えづらくなるなど重大な事故を誘発しかねません。

そこで今回は、フロントガラスの油膜の原因は何なのか、付着してしまった油膜はどうすればきれいに除去できるのかについてお話しいたします。

フロントガラスの油膜って何?どうしてできるの?

フロントガラスの油膜って何?どうしてできるの?

最初に、フロントガラスにできる油膜の正体についてご説明しましょう。油膜とは文字通り油の膜であり、フロントガラスに付着した油分の強固な薄い膜のことです。油といってもサラダ油のように簡単に落とせる類の油ではありません。水分と排気ガスが混ざって付着したり、シリコン系のボディコーティング剤などが雨によって溶け出し、その一部がフロントガラスに流れたりして油膜となることがあります。シリコン系の油は、排気ガスやアスファルトなどに含まれていますが、雨天時のドライブなどで空気中に巻き上げられ、車のフロントガラスに付着します。その後雨が上がり乾燥すると、油膜となってフロントガラスにこびりつくことになるのです。

このようにさまざまな要因によってフロントガラスにしつこい油膜が形成されるのです。

油膜が原因で発生する症状とは?

では、フロントガラスに油膜が付着すると、どのような状態になるのかご説明します。

1)夜間走行時、対向車のヘッドライトがフロントガラスに反射してギラギラする

フロントガラスに付着した油膜は、光を乱反射させる性質があります。油膜が付着したまま走行すると、フロントガラスにあたった対向車のヘッドライトの光が乱反射してしまい、ギラギラして眩しく感じます。さらに雨天時ともなると、街灯や看板などの光までが乱反射するので、前方確認が困難になり、安全な走行を妨げる大きな要因となるのです。

2)雨が降るとフロントガラスが滲んで見えない

フロントガラスに油膜が付着するとワイパーを使っても雨をはじかず、フロントガラス全体に雨が広がって視界を妨げます。通常であればワイパーでクリアになるはずの視界が妨げられ、前方が見えなくなり大変危険です。また、油膜は「ビビリ音」と呼ばれるワイパーを動かしたときにひっかかるような音の原因にもなります。ワイパーの音がうるさいと運転に集中できませんし、そのようなワイパーを使っているとフロントガラスを傷つけることにもなってしまいます。

ただ洗えばいいというわけではない!上手な油膜の取り方とは?

ただ洗えばいいというわけではない!上手な油膜の取り方とは?

このようにフロントガラスの油膜をそのままにしておくと、走行上の危険性が増し、事故原因になるといっても過言ではありません。油膜は比較的簡単に除去することができるので効果的な取り方を知っておきましょう。

まず軽い油膜の場合、カー用品店などで売られている油膜取りシートで拭きとったり、台所用洗剤で洗ったりすることで落とすことができます。なお、台所用洗剤を使う際、注意しなければならないことがあります。それは食器用スポンジを使用しないということです。食器用スポンジは、フロントガラスそのものを傷つけてしまうことがあるため、洗車用スポンジを使用するようにしてください。

次に、しつこくこびりついた油膜を落とす場合ですが、これはカー用品店で売られている市販の研磨剤(コンパウンド)の入った油膜落とし専用クリーナーを使って除去する事も出来ますが、手作業で落とすのは結構大変です。落とせている場所と落とせていない場所がムラになりやすく、あまりオススメは出来ません。当店ではフロントガラスを綺麗に水洗いし、油膜以外の汚れを落としたのち、専用クリーナーとポリッシャーを使って油膜を擦り落とすことで頑固な油膜もムラなく除去することができます。

なお、家庭用のメラミンスポンジをフロントガラスに使用すると、メラミン樹脂の研磨作用によりフロントガラスにキズが付く恐れがあるため、使用は控えておく方が無難です。

フロントガラスの撥水コーティングをする前にはぜひ、油膜取りを!

雨の日のドライブに備え、フロントガラスに撥水コーティングを施している方も多いでしょう。この撥水コーティング、実はフロントガラスに油膜があるとしっかり定着せずに、その効果も半減してしまいます。撥水コーティングを行う際には、必ず油膜取りをしてから行うことが大切です。油膜が残ったまま撥水コーティングを行うと、綺麗に水をはじくことができなくなってしまいます。

きちんと油膜を除去し、撥水コーティングを施したフロントガラスは、驚くほど見事に水をはじき、クリアな視界を確保してくれます。また、フロントガラスに新しく発生する油膜を防止する役割もあるため、まさに一石二鳥ですね。

なお、撥水コーティングは時間と共に徐々に効果が薄れていきます。洗車の時など、定期的に油膜取りを実施したうえで撥水コーティングをするのがおすすめです。ボディコーティングとともにフロントガラスへのコーティングもぜひいかがでしょうか?

Instagramも随時更新中です👌

よろしければ
@手洗い洗車専門店_CarCarePit
で、検索、フォローよろしくお願い致します🤲

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。