店舗ブログ

日焼けについて!☆

おはようございます!

雨☔️ですね💦

皆様お出かけの際はお気をつけくださいませ。

毎年日焼けが気になってきてる、伊藤です。

昔はちょっと焼けても気にしてなかったのになぁ〜

日焼けは何が影響しているのでしょうか?

答えは「太陽が放つ紫外線の量」です。

それぞれの国による肌の色の違い。

人類の進化の歴史に影響されます。

肌の色はメラニン色素が大きく関わっています。

皮膚の表皮の奥には、メラニン色素を生成するメラノサイト細胞があり、

紫外線が当たることで、その刺激によりメラノサイトのメラニン合成が活性化されます。

強い日差しを浴びると、メラニン合成が活発になり、肌の色が黒くなると言うわけです。

メラニン色素は、肌の色を濃くする働きで、光の障害から肌の細胞を守る役割を担っている。

☆日焼けには「サンバーン」「サンタン」の2種類があります。

・サンバーン・・・赤く炎症を起こしている状態

・サンタン・・・肌が黒あるいは褐色に色素沈着して落ち着いた状態

皆様も一度はサンタン憧れませんでしたか??

私も一度サンタンに憧れて、日焼けで悲惨な経験をした事があります。😭

また、日常生活とアウトドアのレジャーでは、肌で受ける紫外線の量が大きく変わるそうです。

太陽の光は人間にとっては必要なものですよね?!

日光浴で養われる栄養素もあります。

例えば、殺菌消毒、ビタミンDの合成、血行や新陳代謝の促進、皮膚抵抗力のアップなどが挙げられます。

短所としては、

紫外線は一定時間浴び続けることで、体への悪影響や負担がとても大きい化学線なのです。

特に、皮膚、目、免疫系統、この3つへの影響が大きいと言われています。

特に今の季節、皆様海や山に行く事が多いと思います!

皆様も日焼けには気をつけましょー^ ^

本日雨ですが、雨の日でも施工可能なメニューございますのでお気軽にお立ち寄りくださいませ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。