店舗ブログ

内窓の汚れ、放置していませんか?

皆さんのお車、内窓ガラスはよごれていませんか?ドアの内窓ガラスは洗車ついでに拭くことが多いと思いますがフロントガラスの内側に関しては定期的に清掃される方は少ないのではないでしょうか?フロントガラスの内側は、気づかぬうちに汚れていることが多いですよね。頑張って掃除をしてみても、拭き残しや拭きムラができてしまったりして、なかなか上手くいかない人も多いのではないでしょうか。今回は車内のガラスの汚れについてお話させて頂きます。

汚れの種類を知ってから除去を

フロントガラスの内側についてしまう汚れには、水性と油性の汚れがあります。

水性の汚れ

水性の汚れは主に「 ホコリ」などです。水性の汚れは、水やお湯でキレイにできます。

問題は油性の汚れ

油性の汚れは「手垢、タバコのヤニ、排気ガス」 がこれにあたります。

お子様が乗られる場合はガラスをベタベタと触ったりしますから本当に視界が悪くて運転しにくい場合もありますよね。手跡とかタバコは汚れるイメージはありますが排気ガスで内窓が汚れるのはイメージしていた人は少ないのではと思います。車はドアの開閉やエアコン等の使用により排気ガスが車内に入り込んできます。その為車内の窓はタバコを吸わない方でもお子様が乗ることが無い方でも以外に汚れています。

油性汚れは簡単にはキレイにできないため、専用のクリーナーやエタノールを使用しなければなりません。

泡タイプ・エアゾールタイプの洗剤はNG!

泡タイプ・エアゾールタイプの洗剤は、フロントガラスの内側を掃除するのには不向きです。

洗剤の中に含まれる増粘剤などの油脂成分が、拭きムラや拭き筋を残してしまう原因になってしまいます。

ガラスクリーナーを使う時は、アルコールの入ったさらっとした液体タイプのガラスクリーナーを使うようにしましょう。

では内窓ガラスはどのようにクリーニングするのが良いかお話させて頂きます。この方法はお部屋の窓ガラスでも同様に行うとムラが無くキレイにすることができます。

内窓ガラスの水性汚れのクリーニング方法

 《準備するもの》

•タオルを水で濡らし8~9割程度の力で絞ったタオルを1枚用意する

(ガラスを拭いた時に水分が残る位がベスト)

•乾いたキレイなタオルを1枚用意する

《作業方法》

•濡れたタオルでガラス面に付着した汚れを拭き取る(縦方向と横方向とムラ無く拭く)

•濡れたタオルのキレイな面で拭きまだ乾かないうちに乾いたタオルで乾拭きする

•汚れが取れない場合や拭きムラがある場合は上記の作業を繰り返しなって下さい

•フロントガラスは2~4分割して拭くと拭きムラを抑えることができます。

内窓ガラスの油性汚れのクリーニング方法

《準備するもの》

⚫︎タオル(3枚)

⚫︎お湯

⚫︎無水エタノール

タオルはマイクロファイバーのものを使用すればさらにキレイにできるのでオススメです。無水エタノールは薬局やドラックストア、ネット通販などで安く購入することができます。

また、手が届かない場所は割りばしなどの棒にタオルを巻きつけた物をつかうと掃除しやすくなります。 

《作業方法》

•お湯で濡らしたタオルで拭く

お湯で濡らしたタオルでガラスを拭きあげていきます。

この時に落ちる汚れは水性のものがほとんどですが、油汚れも少し落ちるので、あまり汚れていないガラスはこの時点でかなりキレイにすることができます。 

•乾いたタオルで拭く

お湯で拭いたらすぐに空拭きをしましょう。水分が残った状態では、次に使用するエタノールの効力を十分に発揮することができなくなってしまいます。

また、濡れていた部分が乾いてしまうと、いくら乾いたタオルで拭いてもスジが残ったり、ムラができたりしてしまい、キレイにすることができなくなってしまいます。

•無水エタノールで濡らしたタオルで拭く

無水エタノールは、油性汚れを簡単にキレイにできます。専用のクリーナーでも苦戦した汚れに、試してみてはいかがでしょうか。エタノールは揮発性も高いため、換気をしながら掃除を行ってください。

•仕上げに再度乾いたタオルで拭く

この時に気を付けたいのが、今までの工程で使用した使用済みタオルを使用しないことです。

わかりやすいようにタオルの色を3枚とも別の色のものにするか、使用したタオルはすべてお湯につけておきましょう。

せっかくキレイに掃除したガラスに汚れを付けてしまわないよう、気をつけてください。

まとめ

汚れが酷い場合にガラスクリーナーを使用すると汚れがよく取れます。また、より清潔な状態を維持するにはエタノールやアルコールを使用すると効果的です。汚れは何でも時間が経つと落としにくくなります。

フロントガラスの内側を掃除するとなると、どうしても体勢がきつかったり、手が届かない部分があったりと大変ですよね。

そのせいで拭きムラができたり、綺麗に拭いたと思ってもスジが残ってしまったりしてしまいます。

便利グッズを使ったり、効率の良い方法で汚れを落とせればフロントガラスが曇るのを防ぐこともできますが意外と億劫になってしまいサボりがちになってしまいますよね。

そんな時はやはりプロにお任せするのが一番!というわけで洗車ついでに内窓の掃除もしてみませんか?オプションメニューにて承っておりますので、お気軽にお申し付けください!

内窓がくもりやすい梅雨時期の前や冬の前の11月の年2回クリーニングすると視界スッキリ安全に運転することができますので是非試してみて下さい。

Instagramも随時更新中です👌

よろしければ

@手洗い洗車専門店_CarCarePit

で、検索、フォローよろしくお願い致します🤲

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。