店舗ブログ

ツヤツヤな車はすごくかっこいい!!

いつもたくさんのご来店ありがとうございます。

今回は『ECHELON New Version』を施工させて頂きました。
オーナー様いつも当店のご利用ありがとうございます。
仕上がりを見て頂いて大変喜んで頂けました。
コーティングすることによりさらに輝きが増しました!
今後も愛車のキレイは当店にお任せください!!

LEXUS RC300

7月はコーティング早割キャンペーンを行っていますので検討している方は是非スタッフまでお声かけください!!

急に話が変わるのですがフロントガラスに油膜がつく理由は知っていますか?

そもそも「油膜」とは何なのかということについて紹介をします。

油膜というのは、自動車を運転している際に排気ガスと共に出てくる油脂成分の事を指します。フロントガラスに付着をすることによって、簡単に除去することは出来ません。油膜取り専用のガラスクリーナーを用意する必要があり、間違ったやり方をしてしまうと油膜を広げてしまう原因にも繋がります。

フロントガラスに油膜が付く理由としては以下のような物が考えられます。

・自動車の排気ガス

・水溜まりに含まれている油分を含んだ水がフロントガラスに付く

・油分が含まれた雨

・コーティング剤の劣化

このようにフロントガラスに油膜が付く理由は多数存在しています。その為、フロントガラスを綺麗にしておかなければ、油膜の層が厚くなり、更に取りにくくなってしまい除去するのが困難になってきます。

油膜が付着する事で起こる危険性もあります、油膜がひどい場合はフロントガラスがギラついてしまい、対向車や街頭などの光によって、乱反射を起こし、全く見えなくなってしまう事もあります。事故に遭う可能性が高くなります。

最近では衝突しそうになった場合に、自動的にブレーキがかかる機能なども搭載されている自動車が多くなっていて安心と思っている人もいますが油膜が多く付着をすることによって、雨の中視界が悪くなり車によっては安全性が保てなくなる可能性も出てくるかもございません。

油膜除去をしたい!視界を雨の中でも良好にしたい!と思ったお客様は超フッ素ガラスコーティングをしていただくと油膜除去もセットになっていますので気になったお客様はぜひスタッフにお声かけください。

たくさんのご来店お待ちしております。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。